エクスタシー,愛撫

最高のセックスのために

 

最高のセックスとはどのようなセックスなのでしょうか?

皆さんはどう思いますか?絶倫、テクニック、ペニスの大きさや形…等々。
これに対する私の答えはいずれも該当しません。

 

最高のセックスを楽しみたいのであれば「コミュニケーションこそが一番大事だと声を大にして言いたい!
そもそもセックスとは相手がいてこそ成り立つもの、お互いのコミュニケーションがあるからこそ楽しめるものなのです。
どこを触れば相手が気持ちよいのか、自分はどうしてもらったら気持ちが良いのかなどを、触ったり触られたりすることで開拓していきます。
同じ女性と何度も肌を合わせることで、あうんの呼吸で繰り広げられるコミュニケーションもあるでしょうし、
お互いの反応に繊細な注意を傾けることでもコミュニケーションは成立します。

 

自分も若い時代には性的なコミュニケーションの重要性に気づくことができず。
今にして思えばずいぶん自分勝手なセックスをしていたという苦い思い出があります。
セックスは挿入して射精したり、独りよがりの絶頂を迎えたりすればよいわけではなく、お互いの気持ちが最高潮に達するからこそ「最高のセックス」なのです。

 

ちまたにあふれるアダルトビデオの中にはレイプものや陵辱ものと呼ばれるような、女性を乱暴に扱うものもたくさんあります。
しかしそれらのセックスには台本があるわけです。
「女性は乱暴にやるのがいいのか」などと勘違いしている人もいますが、実際には乱暴にやられていい女性なんていません
繰り返しになりますが、コミュニケーションが介在しない独りよがりのセックスは、女性からしても迷惑なだけで少しも気持ちよくありません

 

女性にも満足してもらうために

最高のセックスのためには、女性にも満足してもらわなければなりません。
そのためには前戯を含めた愛撫は欠かせない物となります。
ハグから始まり、キス、マッサージ、お互いへの愛撫など、色々な種類のセクシャルなコンタクトを重ねていく。
そうすることでゆったりとした時間が流れ、リラックスした気分で楽しむことができます。
また、段階を踏むことで、女性の興奮は増していきます。

 

前戯なしでいきなりことを始める人も今うが、前戯をどれくらいやるか、
感じさせてあげられるかはその後にかかわってきますし、女性の感情も変化させます。
私の経験上、多くの女性は長い愛撫が好きだと思って間違いありません。
前戯をたくさんしたいのだけれども、テクニックの面で不安があるという人は、全身を丁寧にじらしながら愛撫するとよいでしょう。
色々なところを優しく触り、頭の先から足の先までに気を使う。

 

前戯を始めるタイミングは、極端に言えばあった瞬間から始まっていると心がけましょう。
目で見て、手で触って、二人で座っているときもそっとボディタッチをしていく。
背中をさすったりすることも十分効果があります。
そういうのを徐々にやっていくことで女性もどんどん気持ちが高まっていきます

 

体のパーツを丁寧に愛撫することも重要です。
耳を愛撫し、うなじを愛撫し、首筋を愛撫し…。
舌を這わせたり、なめたり、時には甘噛みするとテクニックがあるように思われます。